Home > 中村信彦の主張

中村信彦の主張

市民が創るこのまちの未来

みんなの力で福祉と人権

 東日本大震災から3年近くがたちましたが、被災地では復興にまだまだ支援が必要です。今後もできる限りの支援を継続して行っていかねばなりません。震災を契機に人と人との絆、地域の絆、日本の絆の大切さが改めて求められています。27万7千市民が暮らすこの「ふるさと茨木」も地域の繋がり支え合いを大切にし、日頃から地域防災力を高め安心・安全の街づくりを進めます。

リーフレット(PDF)をダウンロード
(2.1MB)

共に支え合う茨木づくり

安心して暮らせる茨木づくり

いきいき暮らせる茨木づくり


上へ↑

nobusan's room