Home > プロフィール

プロフィール

名前 中村 信彦 (なかむら のぶひこ)
生年月日 1955年3月11日(58歳)
血液型 A型
身長 身長がなぜか171cmに縮みました。
趣味 陶芸、絵画、音楽(ギター、カラオケなど)
資格 介護支援専門員(ケアマネージャー)
相談支援専門員(障害者自立支援法)、重度訪問介護従事者
家族 母親(ノブ子):満91歳。リュウマチに神経痛、骨粗しょう症に陥没骨折など、いろいろ病気はありますが、入院中。
つれあい(久子): 現在結婚35年目。茨木市職員。かけがえのない良いパートナーです。
長男(和樹):今は体調不良のため休職中。33歳独身。
次男(信輔):大阪市内の民間企業で勤務。31歳独身。ワンルームマンションで猫との二人暮らし?
長女(遥香):先天性心臓疾患を持つダウン症の女の子。19歳独身。心臓手術も終わり。吹田支援学校鳥飼校を卒業し、高齢者デイサービスで働いています。


 1989年に当選して以来、7期目、全力で福祉と人権のまちづくりに取り組み、多くの成果を上げることができました。しかし6期目の途中に過労で倒れ休職せざるを得ない時期がありました。その中で、様々な悩みを抱えている人の思いをあらためて共有しました。体調が回復し仕事に復帰、翌年には全議員の賛同を得て議長に選任されました。
 議長としての1年間は議員定数の削減や議員報酬の引き下げ、そして市民に開かれたわかりやすい議会にするための議会基本条例の制定など実現することができました。
 これからも、働く者の生活を守り、一人ひとりの市民の人権を大切にする福祉の街づくりに全力で取り組みます。


主な経歴

1955年3月京都市生まれ。
1973年3月大阪府立春日丘高校卒業
1974年4月 神戸学院大学入学
1982年4月茨木市役所嘱託員
1986年4月茨木市役所職員
1989年1月 茨木市議会議員選挙に33歳で立候補初当選
以降連続7期当選(その内2期8年間は最年少議員)
2012年2月 茨木市議会議長に就任

その他の主な経歴

社会福祉法人とよかわ福祉会理事、社会福祉法人十和会評議員、元財団法人日本ダウン症協会理事・大阪支部長、元財団法人大阪府人権協会理事、民主党茨木市支部副支部長


上へ↑

nobusan's room