遥香の成長記録

--(1)遥香誕生
--(2)呼吸停止
--(3)ダウン症の宣告
--(4)本を読み漁り
      『子供の城』へ
--(5)でんでん虫の会
--(6)「あゆむ」の
      仲間と共に
--(7)2000年頃
--(8)2001年3月
--(9)2002年の様子
--(10)2003年の遥香
--(11)2004年の遥香
--(12)2005年の遥香


◆第8回世界ダウン症会議Inシンガポールに参加して(工事中!)

ダウン症とは
--歴史
--染色体とは
--ダウン症候群の種類
--ダウン症児出生頻度
--ダウン症身体的特徴
--合併症について
--詩の紹介


信さんの東奔西走(工事中)
プロフィール
中村信彦の主張
議会報告と議員活動
遥香の成長記録
ラグタイム(工事中)
議員インターンシップ
ご支援・ご協力願い
茨木市の紹介
連絡先、事務所
リンク
English
トップページへ



(2)呼吸停止、チアノーゼ、長い保育器での入院生活

次の朝には遥香の肌の色も随分よくなり、昼過ぎには保育器からだしてもらいました。そして看護婦さんに沐浴をさせてもらいました。

ところが沐浴の後、遥香の様子が急におかしくなりました。看護婦さんがあわただしく走り回って、遥香のいる授乳室のカーテンが急に閉められました。そしてすぐに小児科の先生が来て遥香を診察しました。

その後、遥香はもとの保育器に戻されました。妻はどきどきして何が起こったのか分からずただおろおろして、私に連絡を取りました。しかし、連絡がつかず、私がようやく駆けつけたのはだいぶ時間が経過してからでした。

その間に、連絡を聞いたおばあちゃんと信輔があわてて病院に駆けつけてくれていました。

看護婦さんに妻が「何が起こったのですか」と尋ねると、「子どものために最善を尽くしています」との返事だけでした。時間が経過し、私が改めて先生から説明を受けたときには「その時、遥香の呼吸が一時的に止まり、今も身体中にチアノーゼがでている」とのことでした。

(1)遥香誕生 へ戻る   (3)ダウン症の宣告 へ進む