3.11東日本大震災から5年

今日3月11日で東日本大震災が発生から5年を迎えました。

震災で犠牲になられた皆様に心から哀悼の誠を捧げます。

また、今なお避難生活を余儀なくされている皆様、福島原発事故に伴い今なお苦しい生活を余儀なくされている多くの皆様に心からお見舞い申し上げます。

そして被災地で復旧・復興に向け取り組んでおられる多くの皆様方のご努力に心から敬意を表します。

 

今日から3月市議会が始まります。

今日から22日まで、3月市議会定例会が開催されます。今回の議会には、市長から2015年度補正予算、2016年度予算をはじめ諮問案件1件、議案33件が提案されます。予算については4月に市長選挙が行われるため、骨格予算として基本的な経費が提案されます。

民主ネット会派で視察に行きました。

2月8日(月)・9日(火)の2日間民主ネット会派で行政視察に行きました。

8日は尾道市を視察しました。視察内容は「歴史文化基本構想について」です。尾道市は人142915人で瀬戸内海の中央付近に位置しています。尾道市は、文化庁の採択を受けて「文化財総合的把握モデル事業を実施しました。この事業は、全市的な文化財の調査や「歴史文化基本構想」の策定などを行いました。「歴史文化基本構想」とは、地域の文化財をその周辺環境も含め総合的に保存・活用していくための基本構想のことです。文化財保護に関する総合計画であるとともに、地域のまちづくりと文化財保護の取り組みを繋ぐことが期待されています。関連文化財群とは、有形・無形、未指定を問わず、文化財を相互に関連のある一定のまとまりとしてとらえる(テーマによって文化財をつなぐ)ものです。

そして文化庁が平成27年度から創設した「日本遺産」に尾道市が初年度登録されました。「日本遺産」とは地域に点在する有形・無形の文化財をパッケージ化し、我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定する制度です。

茨木市には、銅鐸の鋳型や太田古墳、隠れキリシタンをはじめ様々な歴史文化遺産があり、これからの茨木の文化歴史を活かした本市のまちづくりに大変参考になりました。

(つづく)

2月市議会が閉会しました。

3時から本会議が行われ、副議長に茨木市民フォーラムの小林みちこ議員が選ばれました。私は、総務常任委員会に所属することになりました。

また、6月までは大阪広域水道企業団議会議員を継続し、6月から大阪府都市競艇組合議会議員に就任することと決まりました。

臨時議会の最終日

今日は2月臨時市議会の最終日です。午前10時に本会議を開催した後、すぐに役員選考委員会が開かれます。そこで議長候補がまとまるかまとまらないかによって、その後の議会の流れが変わってきます。私も、選考委員の一人として最後までしっかりとその役割を果たします。

2月臨時市議会開会中!

2月3日から5日までの日程で臨時市議会が開会されています。市長からは茨木市固定資産評価審査委員会委員選任につき議会の同意を求める議案が提出されました。その理由は委員の松尾康弘氏の任期が今年の2月15日で満了するためですが、引き続き委員として松尾康弘氏の提案があり議会として同意いたしました。

久しぶりの更新です。

昨年の6月市議会以降、ブログの更新が出来ていませんでした。大変申し訳ありません。この間も議員としての活動等についてはfacebookでアップしておりました。9月市議会での文教委員会での質疑、12月市議会での本会議及び文教常任委員会での質疑等につきましては市議会の検索サイトで本会議については動画とテキスト、委員会についてはテキストで会議録が全文掲載されておりますのでぜひご覧いただけたらと思います。またfacebookもご覧いただければ幸いです。これからは、このブログでもこまめに更新してまいりますので今後ともご支援よろしくお願いします。

議員間討議を行いました

6月22日 午前10時から文教常任委員会の委員間討議を行いました。

議員間討議は議会基本条例に基づく議会改革の一環で取り組んでいるもので、委員会の所管事項について、議員間同士で自由に意見を出し合うというものです。午前中は、文教と民生の常任委員会が開かれ、午後からは建設と総務の常任委員会が開かれます。

今回の文教常任委員会では、5月に視察に行った富山市のスポーツ振興計画を踏まえて現在検討を進めている茨木市のスポーツ振興計画について意見を述べ合いました。出された意見は委員長が集約し、議長に報告します。