民生常任委員会で請願不採択

昨日は民生常任委員会に付託された子ども若者支援施策の充実を求める請願書の紹介議員として請願者の代表者と一緒に請願審査のため民生常任委員会に出席しました。請願者から10分間の請願趣旨の説明があり、そのあと各民生常任委員会委員から請願者への質問あるいは意見の開陳がありました。そのあと請願書の採決に移り、民主ネット、大阪維新の会・茨木、無所属の岩本議員が賛成。自由民主党・絆、公明党、日本共産党、茨木市民フォーラムが反対で請願は賛成者少数で不採択となりました。請願者が子どもの貧困、若者のひきこもりなど、具体的な事例を取り上げてそうした施策の充実を切々と訴えていただけに紹介議員として大変申し訳なく残念です。この請願は、最終本会議で委員長から不採択であったという報告の後、改めて議長のもとで採決されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です