最後の幹事会

今日午後1時から幹事長会を開きました。内容は市長からの報告を受けるというものです。報告の内容は、3月議会で提案する4月1日施行予定の組織・機構の改革と立命館大学大阪茨木新キャンパス設置に関わる基本協定書に関する覚書(案)についてです。前回の機構改革から4年6月が経過しており、この間の国の制度改正、東日本大震災を踏まえ大規模災害への対応、JR茨木駅、阪急茨木市駅、JR総持寺駅をはじめ新名神ICなど計画が進んでいる大型プロジェクトの推進、そして木本市長が選挙で示したマニフェストの推進がその柱です。 また、立命館大学との覚書は市民開放施設の利用について市内在住、在勤、在学、市内事業者などと定めています。そのうえで施設建設費の2分の1を上限に30億円を超えない範囲で財政支援をすると定めています。協議の覚書は2月下旬をめどに取り交わし、7月着工、来年12月完成、平成27年4月供用開始という予定です。こうした市の動きに対応する市議会の各常任委員会の所管事務や特別委員会については改選後の市議会で議論することになります。

今日のこの幹事長会で、議長としての仕事は書類の決済を除いて最後となります。この任期も残りわずかです。

成人祭

年が明けて様々な新年の催しがあり、それぞれ出席してきました。今年茨木市で新たに成人を迎えるのは約2500人。今日はあいにくのお天気で、いつもの市民会館入口前の人口台地で久しぶりに同級生と再開し楽しそうに話しする姿は殆ど見られず、多くの新成人は雨をよけて市民会館の建物内に入ってました。成人祭は午前と午後の2回に分けて催され、それぞれ同じ内容で進行されたのですが、折角なのでそれぞれ違う内容のご挨拶をさせて頂きました。和太鼓の演奏は素晴らしかったです。 今日の成人祭で議長として人前で挨拶を話をするのも最後となりました。

年賀交歓会

11時から市役所主催の年賀交歓会があり、出席してあいさつをさせて頂きました。
今年初めて顔お合わす市会議員も多く、また行政委員や、久しぶりにお会いする幹部職員や議員のOBなど市有功者も多く、話に夢中になって、ほとんど出された食べ物に手を付けることもなくお開きとなりました。